書楽
interview

夢が形になった。
書店の中にある
ボードゲーム専門店。

書楽 営業企画担当

稲垣 亨

Q1入社から現在までのキャリアについて教えてください。

約7年前に入社しました。入社当初は、ビジネス書・芸術書・攻略本などのカテゴリを担当し、仕入れ、陳列、販売を行ってきました。5年程前にボードゲームのカテゴリ担当となり、2年前に営業企画担当に抜擢していただいたことをきっかけに、ボードゲーム専門店の立上げを考え始めました。昨年、考えが実現し書店内にプレイスペースを併設したボードゲーム専門店をオープンすることができ、現在まで責任者として運営を行っています。

Q2どのような時に仕事のやりがいや面白さを感じますか? or 仕事で嬉しかったエピソードを教えて下さい。

ボードゲーム担当になってからは特にですが、お客様との距離感がとても近いことです。パッケージだけでどんな商品かがわかりにくいボードゲームはお客様との会話が重要になります。私自身、意識して積極的にお声がけをしていますが、逆にお客様から情報をいただいて仲良くなることもあります。おすすめしたボードゲームを孫と遊んで面白かったのでまたおすすめしてほしいという声をいただいたときはとても嬉しかったです。

     インタビュー画像

Q3入社して気づく「自社のいいところ」 or 自社の「ここは負けない」と思うところを教えてください。

ボードゲームで遊べるスペースがある本屋は、周りをみても当店以外なかなかありません。定期的なイベントも開催しており、本来なかったはずの人の繋がりを生めるのが当店の自慢です。業務的にも発注量、レイアウトなど、個々の裁量に任せてもらえる範囲も広いので販売戦略も身につきます。

Q4今後どのような仕事にチャレンジがしたいですか?

まだまだ初来店のお客様も多い状態なので、より多くの人に当店を知ってもらい、利用して楽しんでもらいたいです。その為に、新しい店内イベントの開催を計画しています。例えば、大人数参加型の新しい催しを目論んでおりますが、その他にもお客様の声に応じて随時新しい取り組みににチャレンジしていく所存です。

1日のスケジュールSCHEDULE

  • 出社 メール返信やその日のタスク確認をします。

  • 発注 売場づくり、接客・販売

  • 昼食 ビル3Fのカフェスペースで食べることが多いです。

  • 品だし イベント準備 今回は初心者向けの催しです。

  • イベント開始、案内、接客

  • イベント終了、片付け

  • 退社

パーソナリティ画像
  • 仕事の時のマストアイテムは?

    パソコン。宣伝やPOP編集など、営業の必需品です。

  • 休みの日の過ごし方は?

    友達とボードゲーム。プロ野球を見に行く。

  • 癖やこだわりはありますか?

    出先でボードゲームがあるとつい見てしまう。

  • 趣味やいまハマっていることについて聞かせて下さい。

    読書、漫画・小説・エッセイなどをよく見る。神保町に行くのが好きです。
    ボードゲームはプライベートでも公民館で開催しているイベントに参加したりしています。
    他には野球は見ることも好きで、西武ファンです。

これから当社で働く方へメッセージMESSAGE

当店は自分のアイデアを実現したい人に対してチャンスが開かれている環境です。現場に任せてもらえる範囲が広いので、本やボードゲームが好きで自分の中にやりたいことがはっきりしている人にとってこれほど良い環境はないと思います。

interview

先輩インタビュー

make happy!!

make happy!!